ブレーメンの音楽隊

a0247194_2385263.jpg

Design: Die Bremer Stadtmusikanten
Von: Karin Köppel "Scheren Schnitt"

痛めている手を休めるために切り絵を続けています。
精密に切れるはさみはまだ持っておらず(頼んである)、
カッターのみで切っている為、妙に指先に力を入れすぎないよう
注意しながらの作業です。
細かいカットとカットの繋ぎ目が上手く切れなかったりするのですが
少しくらいの失敗ならオッケーと言うことでどんどん切っています。
ステッチもそうなのですが、絵心皆無の私には切るだけで
絵になって登場してくれる切り絵がとても楽しいのです。

切り絵ってどんなものかな?、自分にも出来るのだろうか?と思って
最初の最初に買ってみた本(小冊子)より。
こちらの本は、日本で有名な切り絵作家のデザインなんかに比べると
デザインやカットの緻密さに欠けるんですが(多分)
私のような初心者にとって切り絵に慣れるいいきっかけを与えてくれるように
思います。

ずいぶん悩んだ挙句、日本の本も頼んじゃったので
それまでにこの本からどんどん練習しておこう~。
[PR]
Commented by Garnet at 2015-09-14 17:44 x
次々と出来上がって楽しそう♪
今度はブレーメンの音楽隊なんですね。
上手ね~~~☆

これ全てカッターを使ってカットしてるんですか?
かなり指に力が入りますよね・・・
指痛くないですか?

切り絵用のハサミ、早く届くといいですね。
本も注文して、これからは、
練習に励むのね、頑張って!
Commented by auriscuniculi at 2015-09-15 06:02
☆Garnetさん
まだまだ簡単な図案を選んで切っているので
どんどん出来上がって楽しいです。
近くで見るとへなちょこなんですが、
まぁまぁヒトサマにお見せできる位には出来てるかな、と。

今までは全てカッターで切ってます。
なるべく力み過ぎないように気をつけながらの
作業です。
ステッチ等が出来ない分のお楽しみの切り絵なので、これで指まで痛めちゃったら、泣くに泣けませんものね~。

よく切れるはさみが今日届いたので早速試してみましたが、また慣れるのに時間が掛かりそうです…でも楽しみ。

本も早く届くといいのですけれど♪
by auriscuniculi | 2015-09-14 02:51 | 切り絵 | Comments(2)