Vanille is the new black 編み上がり

フィンランドのブロガーさん達がこぞって編んでらしたくつした。
私もどうしても編みたくて真似してみました。

a0247194_03290810.jpg
Vanille is the new black



a0247194_03332380.jpg

いつも編み慣れているかかとの編み方とは異なったので
ちょっと戸惑いましたが、要領が掴めると簡単、かんたん。

大根足、失礼致します ^^)

a0247194_03343923.jpg
着画を自分で写すのは難しい…

a0247194_03364765.jpg

在庫の、Berlinco(現在はMominoki Yarn)のソックブランクを使ってみたくて、
このパターンを温めてました。

a0247194_03444411.jpg

a0247194_03460148.jpg
COして編み始めた所。

やっと形になって嬉しい。




自分への覚書:解きながら編んでいくと、ソックブランクの段の変わり目でうまく解けなくなる。
一度全部解いてから玉にして編んだ方が楽かも。



[PR]
Commented by aprile at 2018-01-30 20:11 x
こんにちは
え〜〜下の靴下はどうなっているの?
編んでいくと花柄が出てくるんですか?
後で色を塗っている訳ではないんですよね?と
?連続していまいましたが、不思議な糸ですね。

素敵なSALの紹介 ありがとうございます。
迷いますね〜。とっても素敵なデザイン。
昔、年に三個ぐらいSALを掛け持ちしてやっていた
時もあったのに、、、今は全然。でもそれくらい
自分に負荷かけたほうがいいのかな。

karoさんが作りかけを消費して、SALを始めたら
私もやろうかな。っと、変なプレッシャーをかけてみる。
Commented by auriscuniculi at 2018-01-30 22:16
☆ aprileさん
えーっと、ソックブランクと言って、糸2本取りで平たくマフラー状に編まれた一枚の白の編み地に、
色を付けてあるのです。
それを解いていくと、2本の糸が出てくるので、2つの玉に巻いてしまうか、もしくは
解きながらラーメン状態のちりちりの糸(またはそれを湯のしして伸ばしてもいいんですが)でくつしたを左右同時に同じ模様のが編めるよ~というもの。
染められたデザインによって、様々な模様というか、柄というか、になって、それぞれのソックブランクの個性が出て面白いんです。

SALねぇ…
Modern Folkのデザインはタイトル通りprimitiveなので、苦手なんですよ…(自分で紹介しておきながら…)
なのでどちらかを選ぶとなると、長い犬さんの方になるんですが、なにしろ大きい!
それに多分キットしかないのかな!? 
更に、山のような在庫、罪庫! 
キットもチャートも腐るほどたくさん有って、この世で生きてる限り、刺しきれないほどなの…
どれかを諦めるにしても、"私が作りかけを消費し”切る”ことは絶対あり得ないと思うんだな~。

でも、aprileさんとご一緒SALってなんだか惹かれちゃうな~♪ 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by auriscuniculi | 2018-01-29 03:54 | くつした | Comments(2)