楽しい本を買いました♡

編み物ショップからのニュースレターで、何とも可愛い、楽しい本が紹介されていたので、
街へ出た機会に実際に見てきました。

ただ見るだけじゃ終わらないのは初めから分かってたこと…
やっぱり連れ帰って来ました~。

でもかぎ針編みなのです…
しばらくかぎ針で編んでないし、出来るかな?
なので、取り敢えず、本だけご紹介。

a0247194_05060429.jpg

本のしおりの編みぐるみ(!?)。

a0247194_05085120.jpg
こんなのとか…

a0247194_05100087.jpg

レベルが3段階に分けて書かれてあるので、
一番簡単なものから始めてみよう~♪




おチェロさまの練習はあるし、語学の勉強もしなくちゃだし、
働き始めて一日数時間でも確実に時間は減るし、
なかなか本を読む暇が無いんですが、
今結構夢中になって読んでる本があります。
a0247194_05171326.jpg
写真は密林よりお借りしました。

ブログのお友達がこの作家の作品を読まれていたので
試しに買ってみたら面白い! (ちなみにe-bookです)
暗いといえばそうなんですが、どんどんと引き込まれるように読んでいます。
最近の大ヒット!
日本ではまだ、アーナルデュル・インドリダソン著の捜査官エーレンデュルシリーズ第一作目は翻訳されてないのかしら?
お勧めです!

[PR]
Commented by Garnet at 2018-04-11 10:37 x
こんにちは
かぎ針編みの編みぐるみかな?
動物たち可愛いね~この本。しおりいいな~^^

karoさんが今読んでる本は、アーナルデュル・インドリダソンさんのですか?
私も好きな作家さんで、
エーレンデュル捜査官シリーズ。
一作目は「湿地」で翻訳されています。
今は、4作目まで翻訳されているようです。
文庫になるまで待つ私ですから、4作目はいつになったら読めるかしら?
3作目の「声」でエーレンデュル捜査官の過去が
少しずつ分かりますよ。
私もお勧め本です。

↓しましま模様のソックス、柄の出方が違っていても
いい感じですね~。
今は、左右の色が違うソックスがありますから。
そして、ショールは解きましたか?


Commented by auriscuniculi at 2018-04-11 15:08
☆ Garnetさん
可愛いでしょ~、この動物たちのしおり。見てるだけでワクワクしちゃいます♪
私に作れるかどうかは別ですが…

アーナルデュル・インドリダソン、Garnetさんのご紹介を読んで
試しに読んでみたら、ハマっちゃいました!
ストーリーは地を這うように暗いんですけど、文章構成が上手というのか、
人物の背景も面白く書かれていて退屈せず、次がどんどん知りたくなる…
この作家、大当たりです~。

ショールは結局解いて、新しいのを編み始めてます。
変な靴下が出来てますが、これはこれで愛嬌かな、っと。^^)
Commented by tokohouse at 2018-04-11 18:26
こんにちは・・・かなぁ
微妙な時間帯なので・・
可愛いし、私も見て見たいですが、きっと読まれないので本当に見るだけなんですが...
こちらでは、ちょっと無理なのかなぁ
私かぎ針、ほとんどした事ないなぁ
でも可愛いし悩みます。
Commented by suzuzoo3 at 2018-04-11 21:08
うふふっ。この栞シリーズ良いですね〜♪
こんな可愛らしい子達がご本から覗いてたら…
読みかけで放置なんてことなくなりますね!
可愛いなぁ〜。編んでみて欲しいです♡
Commented by auriscuniculi at 2018-04-12 05:53
☆ tokohouse さん
こんばんは~。
お茶目でしょう、このしおりさん達。うふふ。
私も果たして作れるかどうか、全くの疑問なんですけど、
見てるだけでウキウキしちゃいます。
日本は手芸大国だから、その内きっと日本語で出版されると睨んでます!!! 
その時はぜひぜひ♪
Commented by auriscuniculi at 2018-04-12 05:59
☆ taka.さん
うふふ~、楽しい本を見つけちゃいました♪
ワクワクしながら眺めています。
眺めてるだけじゃなくて、編めるかどうか試してみないと、ですね。
頑張りま~す♡
Commented by cecilia1122 at 2018-04-18 07:31
こんにちは。
かわいい栞ですね!とってもユーモラス(^^)
読書がさらに楽しくなりそうです。
編んでいても楽しそうですね。いつか日本版でますように・・・♪
Commented by auriscuniculi at 2018-04-20 05:05
☆ cecilia1122さん
可愛いしおりですよね~。本が溜まりすぎていて、これ以上増やさないように!と思っているんですが
この愛らしさには負けて連れて帰ってしまいました…
日本語版、きっと出るんじゃないかな~。
でもドイツに居らしたから、ドイツ語でも大丈夫じゃないでしょうか?
(と言いつつ、私もドイツ語ではあんまり編まないんですけどね~。苦笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by auriscuniculi | 2018-04-11 05:28 | 書籍 | Comments(8)