糸始末を終えてショール完成

ミュンヘンでは昨日から世界最大と言われるOktoberfestが始まっています。
ここ数年、Dindl(女性)・Trachten(男性)と呼ばれるバイエルン州の民族衣装が流行りで
猫もかしこも、しかも小さな子供まで競ったように着用。
a0247194_17132477.jpg
(画像はGoogleよりお借りしました)

ビールを飲みに行くだけじゃなくて、まるでファッションショー。
私も一着持ってますが、こんな機会には着ませんよー。

さて糸始末が苦手で本体が編み上がったものの、長らく放置状態にあったショールを
やっと仕上げました。
長かった〜。
a0247194_17252045.jpg
水通し後、乾燥中の図。こうして見るとラインが歪んでますね。
子供用のお遊びマット上で失礼!

a0247194_17281345.jpg
全体像はこんな感じ。ただし、誤って裏から撮ってました(汗)
Surge von Lisa Mutch

シルク混の糸なので、サラッとしていて、
日本と比べるほどでもない“暑い"夏の間でもへっちゃらで編むことができました。
(敢えて難点を挙げるとすると、手のささくれなんかにひっかかりやすい位でしょうか...)
使い心地のよさそうなショールが仕上がって満足♡


[PR]
Commented by tokohouse at 2018-09-24 23:36
とってもシックで素敵 大人って感じ

ラインが歪んでチョット分かりませんが、細い線ですか、違うかなぁ、動きがあって ショール・・良いなぁ

編みものも見せて下さいね。

ソックスブロッカー やっとゲットしましたが・・
私的に、考えています。

小鳥さんも可愛い、地味じゃないよ、♡だよ(笑)
Commented by auriscuniculi at 2018-09-25 03:01
☆ tokohouseさん
シックで素敵ですか。大人も大人、いい大人ですから...

ソックブロッカー、購入されましたか。
tokohouseさんって哲学者の様ですね、ソックブロッカーで考えてるって(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by auriscuniculi | 2018-09-23 17:37 | 編み物 | Comments(2)